スポンサーサイト
  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
   
  
ゴッドファーザー...2
  

「許す人」と「許さない人」

ヴィトーとマイケルの決定的な違いだと思う

「ゴッドファーザー 1」でのヴィトーは裏稼業のボス

 ヴィトー自身が人殺しを命じる場面は無い

 ドンパチするのは幹部と息子達と下っ端だけ

 ヴィトーにしか話し合いでの解決は出来なかった

仕事が違法なだけで同業同志、無駄な血を流す事を嫌い

ソニー殺しの裏切り者(カルロ)も家族や仲間の為に許した

幼少期に全てを失った人は生きてる事に感謝が出来るのか


2代目のマイケルは正義感が強く家業を継ぐ人格じゃない

自分の性格を自身で押し殺すと余裕が無くなり非情になる

父親が「許した人」を全て抹殺した

その非情さが組織を強くし、同時に自身を追い詰める

「許す人」と「許さない人」その差はなんだろう 、、続く


 映画で原作の下ネタが省かれたのは良かった


   


プロフィール

shin36a

Author:shin36a
趣味:映画、歴史、PC

心で見なくちゃ、ものごとはよく見えないってことさ
かんじんなことは、目に見えないんだよ


いつも失敗は酒のせいにする

カテゴリ
リンク
ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。