スポンサーサイト
  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
   
  
さや侍
  

ブログ更新止めてたんで一気に吐き出そう

映画「さや侍」これ、くだらない映画です

何も考えずに観たら意味不明です 考えても不明かも

松本人史ワールド炸裂な「シンボル」の延長かな


でも私的に解釈させていただくと深いんです

戦国時代が終わって平和な江戸時代に武士は必要か

ましてや武装し威嚇する為の刀が必要か

奉行所の十手持ちでも刀抜く機会ってそう無いと思う

刀は対の収まる鞘があって初めて存在価値がある

刀をすて鞘のみを持つ侍 その為脱藩し追われる立場に

切腹する為の刃には鞘が無い 納める場所が必要だ

ラストが印象的で切腹後、介錯を止め刃を鞘に納める

日本に置き換えてみると面白い 宣守防衛の為の鞘

   


プロフィール

shin36a

Author:shin36a
趣味:映画、歴史、PC

心で見なくちゃ、ものごとはよく見えないってことさ
かんじんなことは、目に見えないんだよ


いつも失敗は酒のせいにする

カテゴリ
リンク
ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。