スポンサーサイト
  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
   
  
形容詞ってどうします
  

普段から本を読む時って飛ばし読みです、飛ばす代表は形容詞で

まっさきに本に書かれてる核心部分を捜します

辞書や新聞などを除いて、大概の本の核心部分は数行で分けられ

後の文章は本質部分の説明や導入に注がれてます

文章を楽しむなら詩や児童書が最適じゃないかな

私の愛読書も「星の王子さま」だし、これも核心は数行で

このブログのプロフィールに書いてあります


やっかいなのが純文学、美しい言葉がちりばめられてる

それでいてダラダラと形容詞が続くんで飛ばしずらい

これは苦行かって位の忍耐力を必要とさせられながら

少ない事象の内面を文章で表現してるに過ぎない事に気ずく

内面を文章で表現する難しさは理解出来るけど

もう少し読者を楽しませる事に配慮出来ないかなと思う


犯罪で有名どころ

「罪と罰」「金閣寺」難解過ぎて読んでも意味が理解出来ません

「ボヘミアン・ラプソディ」音楽で表現してます

コーラス部分がおもしろい、伝えたい事はこんな事だろう

You Tubeで日本語版発見しました、なにげな関西弁も笑える






話それましたね、文章って伝えたい事柄は数行だと思います


若かりし頃、吉川栄二さんの「新・平家物語」読んで

前文数行にあと数行付け加える位かなって感じました

思いやり、助け合う庶民がささやかな幸せをつかんで終わりです

庶民たちの視点が付け加えられてるんで締める言葉が見つからない


祇園精舎の鐘の声から始まる前文は権力者の成れの果てでサビシい

庶民から見た希望的な文章で締めくくれないかなと思います


   


プロフィール

shin36a

Author:shin36a
趣味:映画、歴史、PC

心で見なくちゃ、ものごとはよく見えないってことさ
かんじんなことは、目に見えないんだよ


いつも失敗は酒のせいにする

カテゴリ
リンク
ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。