スポンサーサイト
  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
   
  
決算書読めますか (4)
  

当時「更正の請求」の期限は1年です

ただ特例がありました、税務署長が認めた場合のみ

過去5年までさかのぼって請求を認める


税務署の課長さんの確認事項は書類じゃなく

前回の税務調査がどこで行われたのか

 場所の確認です、これが重要でした

小さな会社のデメリットが逆転する事があります

多くの会社は事務所と現場の入り口が別になってます

私の会社は入り口、即現場で奥に事務所があります

更衣室は別室ですよ でも事務所はつい立てを挟んで

現場と繋がってます、事業項目を間違える事はありません

事務所から事業項目や規模など絶対に目に入ります


事務所が完全に別室なら課長さんも抗弁出来たでしょう

さすがに入り口、即現場で事務所に案内されると諦めます

私から税務署長への提出書類としての図面が必要だった

おそらく図面を税務署長に提出して認められたんでしょう


この日記を書いてる途中でようやく気が付きました

やっぱ書くって作業の中で何かの発見がありますね


まあ、こんな事があると税理士って稼業に不信感を抱きます

柔らか頭の現税理士さん、お若く性格も温厚です

半分信用しながらも自分なりに勉強し、分からない事は質問攻めです

バカでも分かる様に柔らか頭の先生は穏やかに説明してくれます

子供と大人の喧嘩みたいな感じですが良く対応してくれました

当時の状況での決算書の書き方は概ね理解したつもりになって

んじゃ、自分でかけるんじゃねと大それた考えになります

 やっぱ知らんって最強ですね

バカだったんで最悪自分で書くと考え、顧問報酬の交渉をします

「年間の顧問料、これでお願いします」

「、、、、」 先生、絶句

「無理でしょうか」 でだめ押し

 即 「出来ます」

これ断られてたらどないなってたんだろうね

かなり厳しい値段だったんです


今考えると「恩を仇でかえす」様で申し訳ないんです

商売の世界はなんでもありって事なんでしょうね

もうお任せなんで商法がどう変わってるのかほとんど分かりません

最近は用語みるだけで頭痛くなります、年とって好い事ってないな


これにて一件落着です、でも会社にとって事案の一つに過ぎません

私がバカボンから社内の先輩方から社長と認められるまでの経緯は

社運をかけた事柄で、このブログに書ききれる自信はありません

 おわり


   


プロフィール

shin36a

Author:shin36a
趣味:映画、歴史、PC

心で見なくちゃ、ものごとはよく見えないってことさ
かんじんなことは、目に見えないんだよ


いつも失敗は酒のせいにする

カテゴリ
リンク
ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。